保護者失格。一線を越えた夜
第1話:叔父と姪、ふたり暮らし!!
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

保護者失格。一線を越えた夜は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみましょう!
保護者失格。一線を越えた夜の1話から3話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

第1話:叔父と姪、ふたり暮らし|あらすじ

ネタバレ注意!!

保護者失格。一線を越えた夜は、あるマンションの一室から始まります。
主人公のちづるが、キッチンで夕食の支度をしています。
エプロンをしたちづるは、まるで新婚の花嫁さんと言う感じ。

玄関のドアが開く。
「叔父さん!お帰りなさ~~い..」
「ただいま!ちづる。」

良く見ると、叔父の後ろに、叔父の同僚が居る様だ。
急に来ることになった様だ。
「どうぞ上がってください!」とちづる。

叔父の同僚の藤田が、書類を取りにきたのでした。
叔父は、ちづるの頭を撫でると、そのまま自分の部屋に書類を取りに行ったのです。

ちづるが藤田をリビングへ案内して、ビールを出す。
「12年になるか?女の子を引き取ると言い出した時はびっくりしたが、こんなび可愛らしい娘に育っているとはなぁ!」と藤田。

ちづるは、その一言で、叔父に引き取られた時を思い出すのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
第1話:叔父と姪、ふたり暮らし!!
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

ちづるは8歳の時に、事故で両親とも亡くしていたのです。
ただ、両親の傍らで、茫然とするしかなかったちづるに、

「...ちゃんと泣けるように、お別れしよう」

と言ってくれたのが叔父でした。
それ以来、叔父はちづるを引き取り、育ててきたのでした。

「と言う事は、ちづるちゃんは二十歳になったじゃない?」と藤田。
「はい、そうなんです。やっと大人になりました。」と応えるちづる。

「それじゃ、一杯だけつきあってよ!」
「まだ、飲んだことが無くて」

藤田からビールを勧められるが、飲んだことが無いので、断るちづるなのだが、次の藤田の一言で、ビールを一気飲みしてしまうのでした。
その一言とは...!?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

第1話:叔父と姪、ふたり暮らし|感想

ちづるは、8歳の時に、事故で、両親を同時に失ってしまっていたのでした。
その時に、優しく声をかけてくれたのが、叔父の幸久です。
ただただ、茫然として、涙も出ないちづるに、声をかけ、最後のお別れをさせたのでした。

その後、幸久はちづるを引き取る事になります。
その時、幸久は30歳。幸久には彼女がいたのですが、ちづるを引き取る事に反対され、別れる事になったのです。

そんな思いをしながら、ちづるを育てる事にした幸久は、すごいと思います。
そして、二十歳になったちづるは、こんなにも美しい姿になったのです。
もう、42歳になった幸久ですが、好意を持つのは、当たり前の事と思いますね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。