保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第22話:舐め合いだけじゃ足りなくて
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第20話から第22話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第22話:舐め合いだけじゃ足りなくて|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

旅館で、叔父のお仕置きを受けるちづる。

いつものように、ちづるを言葉で攻めながら、
ぐちょぐちょになったちづるのあそこを、攻めていた叔父。

ちづるは顔の横にある、叔父のものが硬くなっていることに、気付きます。

叔父にももっと、気持ちよくなってもらいたい。
そう思い、ちづるは叔父のものに、そっと手を伸ばすのでした。

突然のことに、戸惑う叔父。
今まで、ちづるにこんなことをされたことはありません。

やり方がわからないけれど、下手かもしれないけれど・・・
小さな可愛らしい口に、一生懸命叔父のものを含みます。
大きくなった叔父のものを咥えた途端、叔父が小さく震えました。

叔父から気持ちよさそうな声が漏れました。
どうやら感じてくれているようです。

叔父も負けじと、ちづるのあそこを攻め立てます。

2人はお互い69の体勢で攻め合います。
叔父の攻めに、ついにちづるは、口から叔父のものを離してしまいます。

途中までしか出来なかったことに、しょんぼりするちづるでしたが、
叔父は優しくキスをしながら、いいよと囁きます。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第22話:舐め合いだけじゃ足りなくて
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

もしかして気持ちよくなかったのだろうか?
不安になるちづるでしたが、きちんと感じてくれていたようです。

叔父はちづるを押し倒し、少しずつ、ちづるの熱くなった中へと挿ってきます。
ふるふると小さく震えるちづるは、痛いのではなく感じているのです。

耳元で動くよ?と囁いた叔父が、ゆっくりと動き始めます。
嫌らしい音が響き渡ります。

「幸久さん、好き・・・」途切れ途切れになりますが、ちづるは叔父へ気持ちを伝えます。
叔父も「好きだよ、ちづる」と言ってくれます。

2人はお互いの気持ちを確認しながら、絶頂へと達するのでした。

2人は一緒の布団に入り、窓の外の月を見ていました。
今日は満月のようです。
綺麗な月に見とれる2人。

こんな何でもないような時間に、幸せを感じるちづる。

周囲には家族にしか見られないかもしれない。

それでも2人はこうやって近くに居られて、お互い愛し合っている。

そのことを確認した2人は、これからもずっと一緒に居られて、
この幸せな時間が続くことを祈りながら、眠りにつくのでした。

幸せな時間が続くことを祈りながら眠りにつく二人は、これからどうなるのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第22話:舐め合いだけじゃ足りなくて|感想

このお話で、ちづるが初めて、積極性を見せました。

叔父は、ちづるの可愛い反応が見たくて、言葉でも攻め立てているのと思うのですが、
まさか、ウブだと思っていたちづるから攻められるなんて、思ってもみなかったでしょうね。

叔父が心配していた、雑誌で知識を得た影響でしょうか。

でも、こういう意外性は、男に人にとってポイントが高いでしょうね。
自分にしか見せない一面を見せられて、更に、愛おしくなったでしょう。

今回のHでは、素に戻ることなく「幸久さん」と言えていたのが印象的でした。

他の人からどのように見られても、本人達が幸せなのであればそれで良い、
と言うのが心に響いたお話でした。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。