保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第23話:寝起き姿にそそられて…
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第23話から第25話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第23話:寝起き姿にそそられて…|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

旅館で、何気ないことに幸せを感じ、2人居られることが幸せだと感じた2人。

朝になり、叔父が先に目を覚まします。

すやすやと、気持ちよさそうに眠るちづるを見て微笑み、髪を撫でる叔父。

すると、ちづるが、もぞもぞと動き出しました。
どうやら、寝ぼけているようです。

寝ぼけているにもかかわらず、叔父の指をぎゅっと握りしめ、にやっと笑ったかと思うと、あったかいと呟きます。

浴衣ははだけ、昨夜露天風呂で叔父がつけたキスマークが、見えていました。

その無防備な可愛さに、クラっときてしまう叔父。
隙があるだけに心配です。

優しく、おでこにキスをしました。
そしてそのまま、下へ下へとおりていきます。

浴衣を更にはだけさせ、乳首を刺激します。

んっ・・と反応を見せるちづる。
どうやら眠っていても反応はするようです。

叔父が優しく乳首を吸い上げます。
先ほどより反応をみせるちづる。

そんな反応を見せるちづるが、叔父にとっては、可愛くてたまらないようです。

ちづるが目を覚ましました。
・・・浴衣がはだけています。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第23話:寝起き姿にそそられて…
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

驚き、可愛い悲鳴をあげて赤面するちづるに、
起きた?と叔父が声をかけます。

ちづるは、何が何だかわかっていません。
大混乱の様です。

そんなちづるに、叔父はにっこり笑って「ちづるが悪い」と言います。

意味が解らないちづるに、叔父がキスで口を塞ぎます。

濡れて下着が汚れる前に脱ごうかと言う叔父。
脱がせてみると、すでに、ちづるのあそこは糸を引いていました。

あまりの恥ずかしさに、顔を覆ってしまうちづる。
叔父は嬉しそうに笑うと、ちづるを布団に押し倒し、あそこに指を這わせます。

寝ている間に、ぐしょぐしょになってしまっていたちづるのあそこを、
いやらしい音を立てながら、叔父の指がかき回します。

もう少しでイキそう・・と思ったところで、叔父が指を抜きました。

物足りなそうな顔で見つめるちづるにキスをすると、叔父は自分のものを挿入します。

気持ちいいところにあたり、そこはダメと言うちづるに、
叔父は、もっと奥へと腰を突き上げます。
あまりの快感に目を見開くちづる。

2人は朝からにも関わらず、ひとつになるのでした。

お風呂に入り、身支度を整える2人。
叔父がちづるの髪を、ドライヤーで乾かします。

その時、ちづるの携帯に、親友の千代子からメールが入ります。

どうやら相談事があるようです。
ちづるは帰る前に、千代子へのお土産を買って帰ることにしました。

朝から一つになった二人。千代子からメールの意味は?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第23話:寝起き姿にそそられて…|感想

このお話では、叔父が浴衣姿で無防備なちづるに我慢が出来なくなり、襲ってしまいます。

ちづるの隙を心配していた叔父ですが、自分に見せられた隙は嬉しかったのではないでしょうか。
そして、我慢が出来なくなってしまったわけですね。

朝起きて、自分の格好に戸惑うちづるに「ちづるが悪い」と言って、急にキスをする叔父。
この時の、にやりと笑った叔父の表情がなんとも言えず、いたずらっぽくて、
私にとってはこの場面は好きな場面です。

身支度の後、ちづるの髪を乾かしてあげている場面には、驚きました。
叔父は本当に、何でも出来てしまうのですね。
いや、ドライヤーなんて誰でも出来るのでしょうが、なかなかしてくれないと思いますよ。

メールに届いた、千代子からの相談事は一体何なのでしょうか。
今後の展開が楽しみです!

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。