保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第25話:親友にも言えない好きな人
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第23話から第25話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第25話:親友にも言えない好きな人|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

ちづるが、子供の頃からずっと心に秘めていた「願い事」。
その「願い事」が叶い、叔父と両思いになれ、心が通じ合って・・・
そう思っていたのに。

2人の時は叔父のことを「幸久さん」と呼びたい、と言ったら、ダメだと断られてしまったちづる。

あの日から少し、ぎこちなさを感じていました。

旅行から数日たった日曜日。
千代子と会う約束をしていたちづるは、叔父に見送られて、家を出ました。
いつもと変わらず見送ってくれましたが、やはりどこかぎこちないのです。

気を取り直し、千代子の家を訪れます。
インターフォンを鳴らすと、満面の笑みで、千代子が出迎えてくれました。

ちづるに抱きつき、大歓迎してくれる千代子。
ちづるのことが、可愛くてたまらないようです。

部屋に招き入れられたちづるは、約束が土曜日だったのに、日曜日に変更になってしまったことを詫びます。

千代子は連休だったようで、気にしないで、と言ってくれました。

旅行のお土産を渡すちづる。
中身は、お饅頭の様です。

友人と言ったの?と尋ねられ、うんと答えるちづる。
可愛らしいちづるのことが心配な千代子は、何かあったら言う様に、ちづるに言うのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第25話:親友にも言えない好きな人
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

千代子が、ゆっきーは元気かと尋ねました。
昔から叔父のことを、ゆっきーと呼ぶのです。

ゆっきーなんて言ったら怒られるよ?と言いますが、全然怖くないよ、と千代子が言いました。
久しぶりに、叔父に会いたくなったようです。

千代子の両親は離婚していて、千代子は、母親に育てられました。
しかし、酒を飲んでは、暴力をふるう千代子の母。

小学生の頃の放課後、教壇の下に隠れ、なかなか帰ろうとしない千代子を見つけたちづる。
家に帰りたくないようです。

母親に、帰って来るなと言われた千代子。
自分はいらない子なんだ、と言います。

そんな千代子を、ちづるは自分の家に誘います。
その日から、千代子はちづるの家に遊びに行くようになったのでした。

それが、千代子とちづるが仲良くなったきっかけです。

プロのネイリストの千代子が、ちづるにネイルをしてくれました。
ちづるのイメージで、家事をしても邪魔にならないようなデザインを、施してくれました。

可愛い!と感動するちづるに、もっと褒めて、と千代子が言います。
ちづるは、仕事のことで何か相談があるのか、と千代子に尋ねました。

すると、千代子は一瞬言葉に詰まりながら、結婚するかもしれないと切り出しました。
お相手は、幸久よりの年上の男性。

大喜びで祝福するちづるでしたが、どうやら千代子は、迷っているようなのです。

千代子が結婚に迷っている理由は何なのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第25話:親友にも言えない好きな人|感想

楽しかった旅行の帰り道から、なんだかおかしくなってしまった2人の関係。

ちづるにとってはいきなりのことで、わけもわからなかったと思います。

しかも、いつも大人の対応の叔父が、いきなり自分の感情でちづると距離を置いてしまったので、ちづるのとっては不安で仕方なかったことでしょう。

どうしてそうなってしまったのか聞き出せない、聞き出さないちづるに、もどかしさを感じてしまいました。

今回、千代子の過去が明らかになりました。
2人とも特別な環境でそだったからこそ、分かり合える部分もあったのでしょうね。
お互いの存在が、大きかったと思います。

千代子が、結婚に迷っている理由は、過去が関係しているのでしょうか。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。