保護者失格。一線を越えた夜
第26話:消えたキスマーク
無料立ち読みはこちら↓↓↓

【コミなび純稿】保護者失格ver5

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第26話から第28話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜|第26話:消えたキスマーク|あらすじ

保護者失格。一線を越えた夜
第26話:消えたキスマーク
無料立ち読みはこちら↓↓↓

【コミなび純稿】保護者失格ver5

<ネタバレ注意!!>
旅行から帰り、千代子の家に遊びに行ったちづる。

千代子から相談事があると言われていたのです。

なんとその相談事とは、お付き合いしていた彼と、結婚するかもしれないというものでした。

大喜びしたちづるでしたが、千代子は迷っているのだそう。

ネイリストの千代子ですが、まだまだ新人で今結婚すると、彼にも迷惑をかけるかもしれないと。

そして、結婚したら母親の様になるのではないか、と悩んでいたのです。

千代子は、離婚した両親の、母親に引き取られ育てられました。

その母親は、お酒を飲んでは千代子に暴力をふるったりと、千代子は小さい頃に、随分辛い思いをしているのです。

千代子の中では、気持ちは決まっているようなのですが、ただ、誰かに話を聞いてもらいたかったようです。

そんな千代子の手を優しく握るちづる。

小さい頃から一緒に居た千代子は強くて優しくて、だから母親の様にはならない。

大丈夫だよと優しく微笑みかけます。

幸せになって、と言うちづるの言葉に、満面の笑みになる千代子。

こういう風に、優しく背中を押してくれるちづる。

それを知っているからこそ、ちづるに話を聞いてほしかった。

そう言われ、ちづるも嬉しそうです。

「ちづるは好きな人はいないの?」と千代子が尋ねます。

保護者失格。一線を越えた夜
第26話:消えたキスマーク
無料立ち読みはこちら↓↓↓

【コミなび純稿】保護者失格ver5

一瞬叔父のことが頭をよぎります。

「いないよ」と否定するちづる。

告白されないの?という問いに、「この前ちょっとだけ・・・」と話そうとすると、「ちづるに近づくなんて早い!」と一蹴する千代子。

2人は笑い合います。

千代子は大切な友人。

このように、悩んだ時に頼りにしてくれてとても嬉しい。

でも、自分は同じように相談は出来ない。

叔父と付き合っていることは、言えない。

そのことに、少しもどかしさを感じるのでした。

夜になり、帰宅したちづる。

夕飯は、千代子と済ませてきたようです。

叔父が、お風呂を沸かしておいてくれたので、先に入ることにしました。

今日のことを思い出すちづる。

千代子のウェディングドレス姿は綺麗だろうなと、思いを巡らせます。

今まで、結婚について考えたことがなかったちづるにとって、今日の千代子の話は、色々考えさせられたようです。

お風呂から上がり、ふと、鏡にうつった自分の姿に目を止めました。

旅館でつけてくれた胸のキスマークが、もう消えてしまっていました。

あの時は、あんなに愛し合っていたのに。

あんなに触れてくれたのに。

あの日から、触ってくれなくなったことに、寂しさを感じます。

ぼーっとしていると、小さなくしゃみをしました。

今日は、どうやら冷えるようです。

風呂から上がり、叔父に片づけを頼んで、先に寝ようとしたちづる。

その様子に異変を感じた叔父が、ちづるの手首をつかみます。

「どうかしたの?」

そう言われ、振り返ろうとした瞬間、ちづるはふらつき、倒れてしまったのでした。

↓↓続きを知りたい方は公式サイトへ↓↓保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

ちづるのカラダは大丈夫なのでしょうか?

保護者失格。一線を越えた夜|第26話:消えたキスマーク|感想

千代子の相談の内容が、明らかになりました。

仕事のことで迷惑をかけるもしれない、という事よりも、自分を虐げてきた母親の様になるのが怖い、というのが、一番の迷っている理由だったのでしょう。

自分にも子供が生まれるかもしれない。

その時自分の子供を愛せるのか。

大嫌いな母親と同じようなことをしてしまうのではないか。

愛されずに育ってきた子供ならば、考えてしまうと思います。

そんな千代子に、多くは語らず、千代子のことをわかっているから、大丈夫だよ。と言うちづる。

そう言われ、ほっとしたような表情の千代子が、印象的でした。

ただ、大丈夫だよと、言ってほしかったのでしょうね。

2人の関係はとても素敵なものだなと、思いました。

いつか、千代子、に叔父とのことを相談できる日が来るといいですね。

相変わらず、距離を置いた関係のちづると叔父。

ちづるが倒れてしまい・・・

これがきっかけで、また、2人の距離が近づくことを祈ります!

保護者失格。一線を越えた夜
第26話:消えたキスマーク
無料立ち読みはこちら↓↓↓

【コミなび純稿】保護者失格ver5


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。