保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第27話:2人の間にできた溝
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第26話から第28話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第27話:2人の間にできた溝|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

千代子の家から、帰ってきたちづる。
やはり、叔父との微妙な距離感を感じます。

片づけをお願いし、寝ようとしたところ、急にふらつき倒れてしまいました。

翌朝、熱を測ると37.8度。
もう大人なんだし、心配しないで仕事に行って。
とちづるが言いますが、叔父は心配そうです。

そんな叔父に、辛くなったら電話しても良い?と聞くちづる。
その言葉を聞いて、少し安心したように、叔父は頷きました。
昼食に、おかゆまで用意してくれたようです。

叔父をベッドから見送り、寝なおしをするちづる。
ふと目を覚ますと、もう昼の1時半になろうとしていました。

お腹が空いたので、叔父の作り置きしてくれていたおかゆを食べることに。

ふと、旅行の時に叔父が選んでくれた、ブレスレットが目に入りました。

あの日からできてしまった、見えない壁。

今朝は、普通に話せたけれど、踏み込むことが出来ない。
叔父の気持ちを汲みたいのに、見えなくなってしまいました。

あの時の「ごめん」の意味は、一体何だったのか。
ちづるは迷うのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第27話:2人の間にできた溝
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

洗い物を終え、再びベッドに横になるちづる。
小さい頃、熱を出して、叔父に会社に行かずに一緒に居てとせがみ、
いっぱい迷惑をかけたことを思い出します。

そんな風に、昔の様に素直に話が出来なくなってしまったことを、悲しむのでした。

その頃叔父は、会社で仕事に打ち込んでいました。
ふと、煙草を吸いに行こうとしたところ、同僚の藤田がやってきました。

今日、仕事終わりに飲みに行かないか誘いに来たのです。
なんだったら、叔父の家でもいいよと言う藤田。

ちづるに会いたいのが見え見えです。

ちづるが発熱中なので無理だと断る叔父。

藤田が、ちづるを置いて仕事に来た叔父のことを責めます。

叔父の代わりに看病してあげたい!とふざける藤田に、早く仕事しろと追い返す叔父。

パソコンの横に常に、置いている携帯は鳴りません。
ちづるからの連絡があるか、気になっているようです。

ちづるは、眠りながら夢を見ていました。
懐かしい夢。

昔、親友の千代子が、叔父のことを好きになったと言いだしたことがありました。
その時、全力でダメ!と言ったちづる。

そんなちづるに、千代子はちづるも好きなのかと尋ねました。
ちづるの反応は・・・

千代子に叔父の事が好きかと聞かれてちづる何と答えたのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第27話:2人の間にできた溝|感想

ふらつき、倒れてしまったちづる。
翌朝、心配そうな顔で見つめる叔父ですが、37.8度。
本当に、ちづるのことが心配で心配で、たまらないのでしょうね。

そんな叔父が、安心して仕事に行けるように、上手に声をかけたちづるは、
甘え上手で、とても可愛らしいと思いました。

きちんと、昼食まで用意してくれているなんて。
本当に、叔父さん優しすぎます!

2人の間の、見えない壁の正体は一体何なのでしょうか。

叔父が、距離を取っていることで生まれている、この壁。

ほんの少しの、気持ちの問題だと思うのですが、ちづるが叔父に、気を使っているのが見えるので、いつもの無邪気なちづるが、早く見たいと思ってしまいました。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。