保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第28話:「ごめん」の理由
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第26話から第28話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第28話:「ごめん」の理由|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

熱で寝ていたちづるは、昔親友の千代子と、喧嘩したことを夢に見ていました。

千代子が、叔父のことを好きになってしまったと言ったのです。

そんな千代子に「ダメ!」と言うちづる。

千代子に、ちづるとゆっきーは結婚できないんだからね!と言われたシーンでふと、
目が覚めました。

この時、初めてちづると千代子は、喧嘩したのでした。
懐かしいな。
そんなことを思っていると、叔父が帰宅しました。

ちづるのおでこに、手を当てる叔父。
もう熱は下がったようです。

時間はもう20時。
薬を飲んだちづるは、随分よく寝ていたようです。

叔父が、プリンを買ってきてくれていました。
ちづるが好きなお店の、プリンです。

美味しそうに食べるちづる。
それを、微笑みながら見つめる叔父。

突然ちづるが、この前どうして「ごめん」と言ったのかと尋ねました。
はっとした表情の叔父。

もう寝なさいと言って、ごまかそうとします。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第28話:「ごめん」の理由
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

しかしちづるは拒否します。

気付けば、大粒の涙を流しながら、泣いているのです。

泣いてはいけない。
冷静に話をしないと。
泣いたら、叔父のことを困らせてしまうのに。
そう思っていても、もう我慢できません。

何か、いけないことをしてしまったのか。
自分のことを嫌いになってしまったのか。
どうしてごめんと言ったのか。

ちづるは、想いを叔父にぶつけました。

そんなちづるを、叔父が優しく抱きしめます。
ごめんねと言って。

でも、このごめんの意味は違います。
不安にさせてごめん、という意味です。

ちづるのせいじゃないし、嫌いにもなっていないよと言う叔父。
「ごめん」は自分の覚悟が足りないからだと言うのです。

旅行の時、お土産屋さんで、店員さんにすすめられた紫陽花の指輪。
あれを買ってあげられなかった。

その理由は、この先ちづるが他の人を好きになった時の逃げ道だと言うのです。

ちづるが味わうはずの、普通の女の子の幸せをあげられない。
でも、手放すこともできない。
そんな自分はずるいのだと。

ちづるが口を開きます。
他の人のこと好きになったりしないと。

叔父が言う、普通の女の子の幸せが欲しいのではない。
指輪を貰うことが、幸せなのではない。
自分にとっては、叔父と一緒に居られることが幸せなのだ、とちづるが言います。

ちづるの話を聞き、優しく微笑む叔父に、ちづるが何かを言いかけました。

最後にちづるは何を言おうとしたのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第28話:「ごめん」の理由|感想

優しくて控えめなちづるが、初めて千代子と喧嘩した内容。
それは大好きな叔父のことでした。

この前、千代子に会った時に、千代子が覚えていた喧嘩です。
まさか自分がまだ叔父のことが好きで、しかもこのような関係になっているなんて。
千代子に言える日は、来るのでしょうか。

ちづるがついに、叔父に「ごめん」の意味を聞きましたね。

いつもの無邪気なちづるではなく、ここ何話かは気を使っている感じだったので
理由が知れて良かったです。

叔父は、まだ若いちづるのことを考えると、何が幸せなのか、悩んでしまったのだと思います。

歳の離れた自分のことを、いつまでも好きでいてくれるかわからない。
叔父も、怖かったのかもしれません。

でも、ちづるにとっての幸せの意味を直接聞けたことで、
叔父が少しでも、覚悟を決めてくれたらいいなと思いました。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。