保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第29話:熱の名残り
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第29話から第31話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第29話:熱の名残り|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

叔父さんと呼びかけ、いきなりキスをするちづる。
仲直りの意味のようです。

突然のことに驚き、照れる叔父。

ちづるは、自分が風邪をひいていることを忘れていたようで、
慌てて叔父の口を拭き、謝ります。
叔父は、されるがままです。

そんなちづるを引き寄せ、キスをする叔父。
優しく、うつってもいいよと言います。

安心した表情で、叔父に抱き着くちづる。
叔父に、今日しちゃダメかと、小声で尋ねます。

まさかのことに驚き、病み上がりで身体に障るからと言う叔父ですが、
ちづるは大丈夫と言います。

ダメ?

そう言われ、ダメじゃないけれど・・・と言う叔父。
辛くなったら、ちゃんと言うという約束をしました。

音を立てながら、舌を絡めあう2人。
ちづるが、少し小刻みに震えているようです。
叔父が緊張しているの?と聞くと、最近してなかったから、と言うちづる。

叔父にもたれかかる体勢で、ベッドに座る2人。
叔父の手が、ちづるの胸に触れます。
パジャマの上から乳首をつねられ、ビクっと感じるちづる。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第29話:熱の名残り
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

そのまま、下にも手を伸ばす叔父。
服の上からでも、熱くなっているのがわかります。

叔父のYシャツをつかみ、小さな声を出すちづる。

でも、ちづるは物足りないようです。
もっと近くに叔父のことを感じたい。

直接触ってほしいと、叔父におねだりします。
ちづるがこんなこと言うなんて・・・、と戸惑いながらも応じる叔父。

叔父が、ショーツの中に手を入れました。
中は、もうぐしょぐしょになっています。

ちづるが気持ちいいところを知っている叔父は、そこを攻めます。
ゾクゾクしはじめ、声にもならなくなってきました。
ちづるは、今にもいってしまいそうです。
叔父は、気持ちいい所をくちゅくちゅと攻め続けます。
叔父に、いっていいよと言われ、ちづるはいってしまいました。

途端に、ちづるが脱力します。
慌てる叔父でしたが、力が抜けてしまったちづるは、寝てしまっていました。

まだ解決したわけでも、納得したわけでもないと思う。
それでも、お互いの素直な気持ちを言えてよかった。
気持ちを聞けて良かった。
話せてよかった。

そう思うのでした。

ちからの抜けてしまったちづるは大丈夫でしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第29話:熱の名残り|感想

前話でごめんの意味を聞いたちづる。

ここ何話か気を使って控えめな感じでしたが、一気に大胆になりましたね。

しちゃだめ?とこんなに可愛い子に言われて我慢できるわけがありませんよね。
しっかり攻めている叔父に、笑ってしまいました。

病み上がりで朦朧としている、自分から誘った勢いでか、直接さわってほしいとまで言ってしまうちづる。
最近叔父が触れてくれなくて物足りなくて、満たされなくて、たまらなかったのでしょうね。
いってしまった後、まさかのそのまま寝てしまうとは・・・

叔父のことを本当に信頼していて居るのですね。
モヤモヤしていた気持ちが、やっと吹っ切れたことで、安心して力が抜けてしまったのでしょうか。

叔父も覚悟を決めて、ちづると向き合っていって欲しいと思いました。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。