保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第30話:ベッドの上で待って
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第29話から第31話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第30話:ベッドの上で待って|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

熱があって、学校をお休みしていたちづるは、自分から求めたHの最中に、寝てしまいました。

翌朝、早起きして、お弁当と朝ごはんを作っていたちづる。

起きてきた叔父に、びっくりしてしまいます。

昨夜、途中で寝てしまったことを謝るちづるに、幸久は優しく「いいよ」と答えます。

ちづるの体調を、気づかうだけでなく、無理させてしまったのではないか、と心配してくれる優しい叔父。

そっと頭を撫でられ、叔父の優しさを、一層感じます。

ちづるが早起きして作った朝ごはんを「一緒に食べよう」ということになりました。

すると、親友の千代子から、電話がかかってきます。

早朝にかかってきた、千代子からの電話は、ずっと悩んでいた彼との将来のことで「しっかり彼と話し合い、結婚することにした。」という報告でした。

自分のことのように喜ぶちづる。

千代子は、照れ臭そうです。

すると千代子が「ゆっきーに代わって?」と言いました。

千代子は叔父のことを、ゆっきーと呼んでいます。

久しぶりに、千代子と会話をした叔父。

千代子から直接、結婚の報告を受け、叔父も嬉しそうです。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第30話:ベッドの上で待って
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

ちづるに電話を代わります。

「ちづるのおかげで、結婚に踏み出すことが出来た。ありがとう!」と言われ、ちづるは嬉しくなり、涙を浮かべるのでした。

朝食を食べながら、千代子の話をする2人。

お互い「驚いたね!」と言いつつ、「幸せになって欲しいな」と言うちづるを見て、同意しながらも、少し複雑そうな表情で、ちづるを見つめる、幸久がいるのでした。

大学へ行き、受講中も、昨夜途中で寝てしまったことを、後悔するちづる。

真面目に授業を受けているようでも「今日はするのかな?」なんてことを、考えています。

帰宅し、夕飯を食べ、お風呂に入ったちづるは、念入りに身体を磨きます。

しかし、あっさりと「おやすみ」と言われてしまい、拍子抜けです。

「そんなものなのかな?」と自分に言い聞かせるのですが、そのまま1週間、何もないまま過ぎていきます。

スーパーへの途中、ランジェリーショップを見つけたちづるは、ある考えを思いつきます。

叔父の帰宅を出迎えたちづる。

ちづるの、いつもとちがう表情に、何か気付き、叔父が「どうしたの?」と尋ねますが、「何でもない」と答えるちづる。

お風呂から上がり、部屋の電気を点けると、そこにはいつもとは違った下着を身に着けた、ちづるが居たのでした。

あまりの驚きに、思わず電気を消してしまった叔父。

そんな叔父に、ちづるは「あのね・・・」と話しかけるのです

ちづるの姿を見て思わず電気を消してしまった叔父!ちづるの問いかけに応えてくれるのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第30話:ベッドの上で待って|感想

このお話の中では、千代子の結婚の話を聞いた後に見せた、叔父の表情が気になるところです。

無邪気に喜ぶちづるを見つめる、あの眼差しは、何か思うところがあったのでしょうか?

自分から誘ったのに、寝てしまったことを、授業中にまで思い出し、悔やむちづるがとても可愛らしかったです。

お風呂で、しっかり自分磨きをするところも家族ではなく、まだラブラブな、恋人同士の姿でほほえましいです。

しかし、そんなちづるの気持ちを知ってか知らずか、避けるかのように、触れてこない叔父。

そんな叔父に不安を抱き、過激なランジェリーでお出迎えするなんて、なんとも健気です。

ちづるらしくないので、叔父も相当、びっくりしたでしょうね。

ちづるの気持ちが、次話で明かされるので気になります!

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。