保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第66話:ドアに隠れて口づけを
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第64話から第66話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第66話:ドアに隠れて口づけを|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

ある朝、お互いが支度をしているとインターフォンが鳴りました。

そこに立っていたのはあの空です。

突然の訪問におどろくちづるに迎えに来たと言う空。

この前のことがあったので戸惑うちづる。

空は何ともなかったように大学に一緒に行こうと思ったからと言います。

一瞬、そういうことかとほっとした表情をうかべるちづる。

そんなちづるに空は好きだから一緒に学校に行きたいと思ってと幸久の前で堂々と言うのです。

しかもこの前も言っただろと、ちづるが幸久にこのことを隠していたのを知ってか知らずなのか言ってしまいます。

言葉に詰まるちづる。

うまく言葉が見つからず困っていると幸久が助け舟を出します。

「私が片付けておくから行っておいで」と言ってくれました。

この私と言う一人称は幸久がちづるに対して一線を引くこうとしていた時に使用していたものでした。

久々の「私」と言う言い方に驚くちづる。

空と出て行こうとした時、幸久がちづるの手をつかみドアをバタンと閉め、ドアの陰に隠れてキスをします。

ドアを一枚隔てて向こう側には空が居ます。

そんな状況だからこそ、見せつけることは出来ないけれど、幸久なりの宣戦布告なのでしょうか。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第66話:ドアに隠れて口づけを
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

幸久のキスを受け力が抜けてしまいカバンを落としてしまうちづる。

頬を赤らめぼーっとした表情のちづるに、空に気付かれてしまうよと耳元で忠告する幸久。

からかわれて怒るちづる。

早く帰ってくることを約束し、ドアを出ます。

何も気づかない空に遅くなったことを謝り2人は大学へと出かけていくのでした。

大学構内に着いても付きまとい、ちづるの友人も気が付くくらい、今までよりもアピールをしてくる空。

今までと違って積極的な空に違和感を覚え戸惑うちづるですがどう断れば良いのかわかりません。

ちづるは優しさのあまり、はっきりと断ることが出来ないのです。

これではいけないと、空を呼び出し空のことを好きになることはないからと言うのですが、空は聞き入れてくれません。

空だけではなく誰も好きになることは無いと言うちづるに空は、幸久以外は好きになることはないのかと決定的な一言を言うのです。

気付かれている・・・そう確信したちづるは言葉を失ってしまったのでした。

空に気付かれていることを確認したちづるは、どんな行動に出るのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第66話:ドアに隠れて口づけを|感想

堂々とちづるに好きだと言った空でしたが、ついに家にまで押しかけてきて幸久の前でしれっとちづるへの想いを告白します。

幸久も橘家で何かあったことは気づいていたと思うのですが、あまりの堂々とした宣戦布告に幸久もつい私という一人称になってしまったのでしょうか。

ドアの陰に隠れてでしたが、空をすぐに感じる位置でのキスは幸久も負けず嫌いなんでしょうね。

空と出て行くちづるを保護者として見送るために、ちづるに自分の存在を再確認させるためのキスだったように思えます。

自分のことをアピールしまくる空はさすが海外帰りといったかんじです。

愛情表現が堂々としています。

幸久のことが好きなんだろと言うセリフですが、一体どこまで知っているのか、どこまで気付いているのかが楽しみです。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。