保護者失格。一線を越えた夜
第7話:叔父さんのベッドで同じ夜を
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

保護者失格。一線を越えた夜は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみましょう!
保護者失格。一線を越えた夜の4話から7話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

第7話:叔父さんのベッドで同じ夜を|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

第7話は第6話の続きになります。

ちづるは、
「男は、好きな相手じゃなくても、こういう事ができるんだよ!」
と言う叔父の言葉に、声を詰まらせる。

「そんなこという為に、叔父さんは、こんな事をしたの…?」
「叔父さんは私の事好きじゃないの?それでも叔父さんが好きだよ。」

ちづるは、涙をいっぱいに溜めながら、そんなひどい事を言われても、自分の気持ちは変わらない事を伝えるのでした。

「すまない」

叔父は、ちづるの頬に手をあてがいながら、ゆっくりと話し始めた。

「私の方が、家族愛なのか、違う感情なのか、分からなくなってるのかもしれない。」
「怖がらせて、すまない。」

と率直な気持ちを話すのでした。

「それでも、叔父さん好きだよ!」
「好きになってとは言わないから、無かったことにはしないで!」

と、ちづるが気持ちを伝える。

それでも、叔父の気持ちが不安なちづるは、叔父の気持ちを確かめるために、ドキドキしながらお願いをするのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
第7話:叔父さんのベッドで同じ夜を
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「叔父さん、、今日一緒に寝てもいい?」
「な、何もしないので...」

「いいよ、でもそういうのは、男のセリフだと思うんだけどね!」

この言葉で、硬かった二人の表情は和んだのです。

叔父は、既にちづるの思いを理解しているのです。
でも、自分の気持ちが、家族愛なのか、それとも恋愛なのか...
まだ確信が持てないのです。

普通なら、ちづるからのお願いを断る幸久だが、そんな気持ちの葛藤があって、承諾したのでした。

「いいよ。久しぶりに一緒に寝よう」

と言った幸久は、微笑みながら、ちづるの頭を撫でたのです。

ゆっくりと、叔父のベットに入るちづる。

「手をつないでもいい?」

叔父がそれに応えて、ちづるの手をしっかりと握る。

ベットの中で、昔の事を思い出します。
両親が亡くなって、叔父に引き取られてから、毎日叔父と一緒に寝ていたちづる。
両親がいなくなる夢を見ては、泣きじゃくる幼い頃のちづるを抱きしめる幸久。

二人の関係は、これからどうなるのか楽しみです...!?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

第7話:叔父さんのベッドで同じ夜を|感想

叔父からひどい事を言われて、傷ついてしまったちづる。
それでも、叔父の事を愛しているのだと、気持ちを伝え続けます。

とても可愛そうなちづるです。
手でちづるの身体を愛する事を、ここまでやっておきながら、こんな話は普通ないですよね...
って言う感じ。

そんなひどい叔父は、すぐに嫌いになられても仕方がないと思いますが、ちづるは一途なんですね。

そして、一緒に寝る事になります。
これは、絶対に、ちづるの誘いですよね。

幸久の我慢と、家族愛だと自分を信じ込ませる意志が、どこまで突き通せるか...
と言う感じになって来ました。

これからの展開が楽しみです。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。