保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第9話:触って欲しい
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

保護者失格。一線を越えた夜は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみましょう!
保護者失格。一線を越えた夜の8話から10話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第9話:触って欲しい|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

叔父の本音をやと聞けたちづる。
嬉しくなって、キスして欲しいと頼むのでした。

「叔父さん、、、キスして」

二人の唇が合わさっていく。
幸久は、ちづるの頬を引き寄せると、静かにキスをした。

ちづるの顔は、みるみる赤くなり、目もうつろになっていく。

「触って!...」と、ちづるが囁く。

幸久は、ちづるをベットのある部屋へ移動させて、ゆっくりと寝かせる。

ちづるはと言うと、身体を叔父に任せて、目をつむっている。

そのまま、沈黙が続いたが、叔父がちづるに優しく問いかける。

「触るよ?」

「うん」

幸久は、今までのやさし態度が一変し、ちづるの乳房を、激しくそして強く吸い始めた。
ちづるの乳首は、ツンと硬くなる。

叔父は、乳首を荒々しく舐める。
ちづるはガマンができなくなって、吐息を漏らす。

「あうっ..んっ..んっ」

幸久がブラを外すと、きれいな形をした乳房が現れる。
乳房をさらに弄ばれて、ちづるの身体はどんどん敏感になっていくのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第9話:触って欲しい
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

幸久は、
「あっ、こっちも結構湿っているね」
と言いながら、手をちづるの下半身へのばす。

ちづるのアソコは、既に叔父の愛撫でヌレ濡れになっているのです。

ちづるは、叔父のなすがままに、任せている。

「ちょっと、カラダ浮かせて」

濡れたアソコからパンティーを脱がすと、幸久は自分の舌をちづるのアソコにあてがった。

濡れているアソコに、舌を丹念に絡ませる。

「あっ。やっ、だめっ、、だめ、そんなとこ舐めたらだめぇ!」

「ここ、ほら、硬くなってるよ...ん、可愛い...!」
「触ってといったのは、ちづるだろう!」

ちづるは抵抗するのですが、幸久の力には勝てません。

「指よりも、こっちの方が柔らかくて、気持ちいいはずだよ!」
「あぁ、もうだめぇ、だめぇ...い、いきそう...」
「大丈夫か?」

「ん..叔父さん..もうだいじょうぶだから..い、、、挿れて…」

でも、叔父の取った行動は...

叔父はどんな行動をとったのでしょうか...!?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第9話:触って欲しい|感想

やっと、ここまできましたね。
ちょっと引っ張り過ぎじゃないか...と思うくらいに焦らされて...

変になりそうだったのは、読んでいる私たちだった様です。
でも、またさらなる焦らしが来そうな気配を感じますね。

男なんだから、スパッといっちゃって...
なんて思ってしまうんですが、大人の世界で寸止めするんですね。

第10話で、どうなっていくのかを、見る事にしましょう。
この第9話は、最高にエッチなシーンが満載ですので、楽しんで読んでみましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。