保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第10話:ふたりきりの外出
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

保護者失格。一線を越えた夜は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみましょう!
保護者失格。一線を越えた夜の8話から10話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第10話:ふたりきりの外出|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

第9話で気持ちが通じ合った翌日の話になります。
幸久は、ちづると一緒に墓参りに行く準備をしていたのです。

昨夜、叔父が、ちづるの両親の墓参りに、一緒に行きたいと言いだして、ちづるも一緒に行くことになっていたのでした。

二人で出かけるちょうどその時に、ちづるの電話が鳴ったのです。
ちづるに無理やりキスをした吉村からでした。

「昨日の人?」
「うん。」
「行っておいて!何かあったら、すぐ呼びなさい..」

幸久は、ちづるの不安げな気持ちを察して、とてもにこやかな表情でちづるを送り出します。

ちづるはマンションの入り口で吉村と会う。
吉村は外に座っていたのだが、ちづるが来ると気まずそうに近寄ってきて、昨日の事を謝り出した。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第10話:ふたりきりの外出
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「昨日は、ごめんっ!...」
「でも、瀬名のことを好きなのは、本当だから!」

ちづるは、そんな吉村の行動に驚いたが、まだ自分を好きだと言う吉村の真摯な姿勢に、心残りがする思いだったのでした。

そして、叔父の車に向かう、ちづる。

「もういいのか?」
「待たせてごめんね!」

そう言うちづるは、心の中で、
「吉村君、ごめんね! ちづるは叔父さん以外の人は考えられないの・・・」
と言っているのでした。

なぜ、叔父は、今、ちづるの両親の墓参りをしたいと言い出したのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第10話:ふたりきりの外出|感想

第10話は、ちょっと一休みと言う感じですね。
昨夜約束した、ちづるの両親の墓参りに行くのです。

なぜ、お盆でもないのに、今墓参りなんでしょうか?
昨夜、二人の心が通じ合った事に関係がありそうです。

墓参りして、両親にちゃんと挨拶してから...
と言う事なのでしょうね。
次回以降の展開が、とても楽しみです。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。