保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第11話:車内で火照る身体
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

保護者失格。一線を越えた夜は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみましょう!
保護者失格。一線を越えた夜の11話から13話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第11話:車内で火照る身体|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

幸久とちづるは、一緒に墓参りに来たのでした。
そして、幸久は兄夫婦へのお参りを済ますと、唐突にちづるに向かって話しかけます。

「ちづる...好きだ!」
「...え?」
「遅くなってごめん。」

ちづるは、あまりに突然な告白に、戸惑うのでした。
そして、ちづるの表情が変わり、涙があふれ出てきます。

「おいで」
「叔父さん...」

ちづるの手は、震えていました。
幸久は、その手を握りしめると、自分の方へ引き寄せたのです。

そして、そのままちづるを自分の胸の中で強く抱きしめます。

「大事にするから...ずっと!」

長い墓前での抱擁の後で、幸久はお墓の中の兄さんに向かって「ごめんな、兄さん!」と言いながら、ちづるの手を引いて、駐車場へと向かって歩き出しました。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第11話:車内で火照る身体
無料立ち読み
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

ちづるは、叔父の言葉が、まだ少し信じられない感じがあったのです。
でも、幸久の気持ちには、もう迷いがありませんでした。

幸久は、涙を流しているちづるの手を引いて、車に戻ります。
車に戻ると、久幸はやさしい目でちづるを見ると、泣いているちづるの熱いキスをします。

「ちづる...泣かないで」
「...だって」

ちづるは、今までに無い幸せを感じているのでした。
そして、幸久は、止まらない涙を唇で受け止めるのです。

「叔父さん、好き...」
「ふふふ..私も好きだよ!」

キスをしながら、幸久の右手がちづるの胸にのびてゆく。
そして、幸久の手は、ちづるの胸を揉んだかた思うと、下の方へ移動して、大切な場所を刺激し始めたのです。

車内には、ちづるの喘ぎ声が響きます。
我慢できなくなった幸久は、ついに言葉に表します。

「ちづる。帰ったら抱いていい?」

ちづるは、照れながら、叔父に返事するのでした。

家に戻ると、すでに夜。
二人は、食事もお風呂もしないで、真っ先にベッドに向かったのです。

待ちに待った場面になりそうです。12話を楽しみにして下さい!!

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第11話:車内で火照る身体|感想

第11話で、展開が変わります。
お盆でもないのに、お墓参りに来たのには、大きな意味があったのです。

ついにちづるに告白した久幸。
車の中でのキスと愛撫。
そして、家に帰ったら抱いてもいいか?と聞くのです。

やっとです。
まちに待った瞬間が近づいている感じです。

ここまで、ずっと我慢して読んできた皆さん!
たいへんご苦労様でした。

次回以降でスッキリ出来そうです。
楽しんで下さい。
必ず、満足出来ますよ!

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。