保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第39話:ボタンをはずす、震える手
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第37話から第39話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第39話:ボタンをはずす、震える手|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

「急にしたくなったの」そうちづるに言われ、ちづるの頬を撫でる叔父。

ちづるを引き寄せ、優しくキスをします。

そのまま部屋へ行く2人。

しかし、2人はベッドの上で向かい合って、座ったままです。

しびれを切らせたちづるが「…何もしないの?」と尋ねます。

「したくなったから、ちづるが全部してくれるんでしょ?」と叔父。

ちづるは大慌てです。

あのセリフは、そういう意味で言ったものでは無かったのですが、叔父にはそうとられてしまったようです。

顔を真っ赤にして、謝るちづる。

そんな慌てふためくちづるを見て、思わず叔父は、吹き出してしまいます。

子供に言う様に「バンザイしてごらん?」と言って、楽しそうにしています。

ひとつになる、ちづると叔父。

ちづるのあそこは、ぐちゅぐちゅと音を立てています。

ちづるが声も絶え絶えに、叔父の名を呼び、叔父の頬に手を伸ばしました。

叔父はちづるの唇をふさぎながら、ちづるの足を抱え、激しく突き動かします。

そして2人同時に、イってしまうのでした。

2人で抱き合い、ベッドの中で向かい合っていると、ちづるが嬉しそうに微笑んでいます。

いつもありがとうの気持ち、毎日の嬉しい気持ちを、少しでも叔父に返せるといいな、と思いながら眠りにつくのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第39話:ボタンをはずす、震える手
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

叔父と花火大会の約束をした、土曜日。

あと10分で、バイトも終了です。

その時、つぐみに陣痛がきました。

予定より早いのですが、産まれるかもしれません。

慌てる豊を見て、つぐみは1人で病院に行くので大丈夫、と言います。

心配でたまらない豊は、気が気じゃないようです。

その様子を見てちづるは、お店の留守番をかってでました。

豊は少しの間ちづるにお店を任せ、つぐみに付き添うことにしました。

状況がわかり次第、一旦戻って来るというので、お店の留守を引き受けたちづるは、叔父に連絡しようとします。

しかし、バッグ中を探してもスマホがありません。

自宅に、忘れてきてしまったのです。

19時を回っても帰宅しないちづるを心配し、電話をかける叔父。

ちづるのスマホは、部屋で鳴り響いているのでした。

叔父と約束した花火大会。スマホを忘れたちづるは叔父に連絡できるのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第39話:ボタンをはずす、震える手|感想

ちづるの「急にしたくなったの」は額にキスをしたくなったということだったんですね。

叔父はきっと気付いていたのでしょうが、慌てるちづるの反応が面白く、そして可愛らしいのでいじめたくなったんですね。

その気持ち、見ていてわかります。

すねたり、真っ赤になったりで、表情がクルクル変わるところが、ちづるの魅力で、愛らしいところだと思います。

でもHの時には、とても色っぽく女らしくなるところは、ギャップがあって惹かれます。

叔父もきっと、そうなのではないでしょうか。

ぜひとも、2人で花火大会に行って欲しいのですが、ちづるは叔父に、連絡することが出来るのでしょうか?

次話の展開が、気になります。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。