保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第58話:休日の過ごし方
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

「保護者失格。一線を越えた夜」は、1話たったの50円!
電話代から支払いが出来るので、とっても楽。
それに、たくさん使わなければ、家族にも分かりませんヨ。
かしこく、楽しみませんか?
「保護者失格。一線を越えた夜」の第58話から第60話は、続けて読みましょうね。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第58話:休日の過ごし方|あらすじ

<ネタバレ注意!!>

ある休日、ちづるは、朝から出かける用意をしていました。

忘れ物のチェックをして、準備万端。

すると、後ろから、いきなり抱き着いてきた寝起きの幸久。

おしゃれをしているちづるに、どこに出かけるのか?と尋ねます。

ちづるが、今日は親友の千代子と、水族館に行く約束をしていると言うと

「そっか...千代子ちゃんにとられたか」と言う幸久。

せっかくの休日だったので、一日一緒に居られるかと思ったから...と残念そうに言う幸久を見て、慌ててしまうちづるがとっても可愛らしいです。

そんな可愛らしいちづるを見て、幸久は思わず笑ってしまいます。

帰って来てからも、時間はあるのだから、楽しんで行ってきなさい!と頭をポンっとして、送り出してくれました。

ちづるは、元々優しかった幸久が一段と優しくなり、恋人らしいようなスキンシップも増え、二人の心の距離が更に縮まったことに、幸せを感じながら、千代子と約束している水族館へ出かけるのでした。

千代子は待ち合わせたちづるの表情を見て、ちづるが幸久と仲直りできたことに気付きます。

可愛いさかなたちに癒され、水族館を満喫してお茶をしながら休憩する2人。

千代子はちづるに近況を尋ねます。

そこでちづるは、従兄弟の空君のことについて話しました。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜|第58話:休日の過ごし方
無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑

海外に行っていて、帰国したこと。

一緒の大学に、通うことになったこと。

昔、いじめられていた事もあったけれど(幼馴染の千代子には話したことがあるようです)、この前の雨の日に、ちづるをかばって車の水跳ねから守ってくれ、空がびしょ濡れになってしまったこと。

そして、びしょ濡れになってしまった空をほっておけなくて、自宅に招き入れた話をしました。

そこで千代子は、空と幸久が言った

「簡単に男を家に入れるな」という言葉にひっかかりを感じます。

親代わりでもある幸久が言うのは当然かもしれないけれど、空が言うちょっとおかしい、それはちづるのことが好きだからじゃないのかと言うのです。

全くそんなこと思ってもいなかったちづるは驚いて、昔いじめられていたし、そんな事は絶対無いと否定するのですが・・・空の気持ちは、全くちづるには気づいてもらえていないようです。

もし何かあったら、守ってあげるからという勢いの千代子。

とっても頼もしいですね。

そして千代子が、昔幸久がすごくもてていたという話をし始めるところで、58話は終了です。

空との関係はどうなっていくのでしょうか?

<続きを知りたい方は、公式サイトをクリック!>

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

保護者失格。一線を越えた夜|第58話:休日の過ごし方|感想

今までの幸久なら、絶対に言わなかった様なやきもち発言などがあり、2人の心がつながり、距離を縮めていていることを感じさせるお話でした。

「帰ってからも時間があるから」なんて、ちょっとドキッとしてしまいますよね。

いたずらっぽく笑う幸久の表情が、余裕のある大人と言う感じで、とっても良かったです。

ちづるはと言うと、相変わらず鈍感というか何というか・・・この天然でおっとりとした感じが、守ってあげたくなるんでしょうね。

千代子に指摘されるまで、空の気持ちには気づいていなかった様です。

否定していましたが、指摘されたことにより、少しは気になると思うので、今後空に対する見方が変わっていくのかも楽しみです。

保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

保護者失格。一線を越えた夜【PCの方はこちら!!】

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。