「リビング」タグの記事一覧

保護者失格。一線を越えた夜|第59話:嫉妬心の告白

保護者失格。一線を越えた夜_56話-60話

水族館で楽しんだちづると千代子は休憩する事にしました。そこで幸久の話になります。会社の人の話では今も幸久はモテるんだよとジュースを飲みながら話すちづる。昔から幸久とちづるの事を知っている千代子ですが、昔千代子は幸久のことが好きだったのです。

保護者失格。一線を越えた夜|第58話:休日の過ごし方

保護者失格。一線を越えた夜_56話-60話

ちづるは朝から出かける用意をしていました。後ろからいきなり抱き着いてきた寝起きの幸久。ちづるが親友の千代子と水族館に行く約束をしていると言うと「そっか...千代子ちゃんにとられたか」と言う幸久。残念そうな幸久を見てあわてるちづるです。

保護者失格。一線を越えた夜|第27話:2人の間にできた溝

保護者失格。一線を越えた夜_26話-30話

千代子の家から帰ったちづる。叔父との微妙な距離感を感じます。片づけをお願いして寝ようとしたらふらついて倒れてしまいました。熱を測ると37.8度。叔父は昼食のおかゆを用意してくれた様です。そんな叔父に辛くなったら電話してもいい?と聞くちづる。

保護者失格。一線を越えた夜|第24話:指輪の意味

保護者失格。一線を越えた夜_21話-25話

旅館に1泊し身支度をする2人。叔父がちづるの髪を結います。身支度中に千代子からのメールが届きました。叔父が千代子の事を尋ねます。最近千代子は仕事が忙しいので会っていないけれど元気だよと伝えるちづる。仲居さんに見送られながら旅館を後にしました。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

<広告>

ページの先頭へ