「電話」タグの記事一覧

保護者失格。一線を越えた夜|第39話:ボタンをはずす、震える手

保護者失格。一線を越えた夜_36話-40話

「急にしたくなったの」と言われて頬を撫でる叔父。優しくキスをします。そのまま部屋へ行く2人。でも2人はベッドの上で向かい合って座ったままです。「したくなったから、ちづるが全部してくれるんでしょ?」と言う叔父に、大慌てのちづるです。

保護者失格。一線を越えた夜|第15話:叔父さんのシャツの匂い

保護者失格。一線を越えた夜_11話-15話

叔父が出張になってしまった夜、寂しさのあまり叔父の寝室に入ってしまうちづる。叔父のシャツに顔をうずめて叔父の匂いを感じてほっとして我に返ります。いつも叔父が触ってくれるところを思い出しながら、叔父が触る様に自分で自分のあそこをまさぐります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

<広告>

ページの先頭へ