保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」は、TL(ティーンズラブ)ジャンルで、不動の1位になっている作品です。
この「保護者失格。一線を越えた夜」を徹底解剖して、紹介していきます。

両親の事故で引き取ったと言う理由があるにせよ、家族としての関係だった二人が、いつしか、異性としてお互いに好意を寄せてゆく過程に、共感できます。

結ばれた後にも、色々な難関が待ち構えていて、これらの問題を解決していくところも、人気が高い要素だと思います。

あらすじ部分は、ネタバレになりますから、注意して読んで下さい。
このサイトが、「保護者失格。一線を越えた夜」を読むきっかけになれば、幸いです。

「保護者失格。一線を越えた夜」のメニュー

「保護者失格。一線を越えた夜」各話の、あらすじと感想ををまとめました。
下のリンクをクリックすると、各話のあらすじと感想を読むことが出来ます。
サイドバー(スマホは一番下にあります)から、選ぶ事も出来ますので、お試し下さい。
(リンクマークの無いメニューは、少しお待ちください。間もなく、全てのメニューに、リンクが付くようになります。)

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」はどんなお話?

「保護者失格。一線を越えた夜」は、「つきのおまめ」さんが書いているマンガです。
電子コミックのみに掲載されているのですが、コミックサイトのランキングに常に1位に入っているほどの超人気のマンガなんです。

主人公は、「ちづる」と言う女の子と、その叔父の「幸久」で、「ちづる」が8歳の時に両親を交通事故で亡くした時に、叔父の「幸久」が「ちづる」を引き取るところから話が始まります。

ちづるは、大学生になると、8歳から一緒に生活してきた叔父に対して、家族以上の感情うを、抱くようになっていたのです。

そして、20歳の誕生日の夜。
恥ずかしがり屋のちづるでしたが、思い切って、行動に出ます。
「叔父さん..私はもう子供じゃないよ...」
と、ちづるはついに自分の思いを打ち明けるのでした。

ちづるの思いを受け入れた叔父。
禁断の愛となった二人は、これからどうなるのか...

「保護者失格。一線を越えた夜」の登場人物

「保護者失格。一線を越えた夜」の登場人物をまとめておきます。
嘘でしょう?
と言われそうですが、「保護者失格。一線を越えた夜」の登場人物は、とっても少ないのです。

瀬名ちづる

「保護者失格。一線を越えた夜」の主人公で、現在20歳の恥ずかしがりやの女子大生。
8歳の時に、交通事故で両親wの無くしてしまう。
その時に引き取ってくれたのが叔父の幸久。
二十歳になった日に、もう子供じゃないと幸久に告げてから、二人の禁断の関係が始まる。

瀬名幸久

ちづるの叔父。
幸久が30歳の時に、兄夫婦が事故で亡くなってしまい、8歳のちづるを引き取る事になった。
当時、交際していた女性に、ちづるの事で別れを切り出されたが、そのままちづるを育てる事にしたのでした。
現在は42歳になるのですが、ちづるの恋人として、話は進んでいきます。

藤田

藤田は、いつも気軽に声を賭けてくる幸久の会社の同僚。
幸久の自宅に来た時に、「本当の親子みたいだね」と、ちづるに言い、ちづるが叔父に迫るきっかけを作ります。

吉村

ちづるの大学の同級生の男性。
ちづるが好きだと告白して、いきなりキスをしてしまった。
イケメンで大胆なのに、ちづるが叔父の事を好きなのではないかと気づく様な、繊細な神経も持ち合わせている。

菊田千代子

ちづるの小学生の時からの親友。
母子家庭で、母から虐待を受けていた経緯がある。
中学の時に、幸久に恋をしてしまい、ちづると喧嘩をしてしまう。
現在は、年上の彼氏がいて、結婚する予定。
ちづるは、過去の経緯から、幸久との関係を千代子に相談できないでいるのです。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」を配信しているサイト

eBookJapan

「保護者失格。一線を越えた夜」をはじめとする多数の漫画は、eBookJapanと言う会社で配信されてきました。

eBookJapanは、2000年5月に違う名前で設立された会社ですが、2004年10月から「eBookJapan」の名称に改名して運用されてきました。

2019年2月に、これまで業務受託していた「Yahoo!ブックストア」と統合して、新しいサイトである「ebookjapan」に移行したところです。

少しややこしいですが、元々は「eBookJapan」と言うサイトだったのが、2019年2月から「ebookjapan」と言う新しいサイトに変わったという事になります。

ヤフー株式会社が運営する電子漫画書店になった事で、信頼性もぐっと上がったのだと思います。

「ebookjapan」では、お客さんの便利性を高めるために、たくさんの対策をしています。

  • 買った本は、無制限でずっと読める。
  • 専用端末は不要。自分のスマホで読める。
  • アカウント管理なので、スマホが壊れても別の端末で読める。
  • スマホだけでなく、タブレットやパソコンでも読める。
  • 作品をダウンロードできる(WiFiが無くても読める)。
  • ダウンロードせずに、ブラウザでも読める(端末の容量を使わない)。
  • クレジットカードで、簡単に購入できる。
  • 信頼あるヤフー株式会社が運営している。

これ以外にも、たくさんの特典があって、購入金額を割引することができます。

例えば、「保護者失格。一線を越えた夜 1巻」は、324円(税込)ですが、初回限定クーポン(50%OFF)が利用できるので、なんと162円での購入出来てしまいます。

また、「保護者失格。一線を越えた夜」 は、15巻で構成されていますが、各巻に2話から4話の内容が詰み込まれています。

「ebookjapan」の設定している1話は、オリジナル漫画の3話くらいをまとめたものを1話としているので、1巻読むとオリジナル10話前後の話を読むことができます。

コストが安く抑えられる様に、色々と工夫してもらっている訳です。

画像をタップすると、「ebookjapan」の「保護者失格。一線を越えた夜」 リストページに訪問できますから、そちらでお好きな漫画をタップしてみてください。

「試し読み」と言う表示がありますから、そちらをタップすれば、それぞれの漫画の冒頭部分のマンガを立ち読みできます。

「試し読み」では、料金は発生しませんから、ぜひ訪問してみてください。

保護者失格。一線を越えた夜
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら