保護者失格。一線を越えた夜
第2話:もう子供じゃないんだよ…
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」は、電話代からも支払いが出来るので、とっても楽。
かしこく、楽しみませんか?

保護者失格。一線を越えた夜の1話から3話は、続けて読みましょうね。

第2話:もう子供じゃないんだよ…|あらすじ

保護者失格。一線を越えた夜
第2話:もう子供じゃないんだよ…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜

<ネタバレ注意!!>

幸久の会社の同僚の藤田に言われた一言に傷ついたちづるは、初めて口にするビールをコップ一杯飲み干してしまったのです。

案の定、急性アルコール中毒で倒れてしまいました。

気がつくと、ソファーに寝ていて、服も着替えさせられていたのです。

「ごめんね。叔父さん。もうちょっとだけ休ませて...」

しばらくして、やっと体が動くようになったちづるは、ソファーから立ち上がります。

でも、まだ酔いが覚めていないのか..バランスを崩して、ソファーの上に倒れ込んでしまいます。

その時、幸久が腕でちづるを抱く様に受け止めたのでした。

幸久の腕には、ちづるのおっぱいがむぎゅーっと押し付けられた状態となり、ちづるは舞い上がってしまうのです。

「きっと叔父さんも、この感触を気づいて居るに違いない!..」

ちづるは、そう考えただけで、顔が紅くなるのでした。

でも幸久は、紅くなったのは、お酒のせいだと思い、心配して、顔を近づけて体温や表情を見てくるのです。

ちづるは、さらにドキドキしてしまうのでしたが、本当のお父さんの様に心配しているのだと思いなおし、冷静さを取り戻すのでした。

保護者失格。一線を越えた夜
第2話:もう子供じゃないんだよ…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜

「飲んだ事もないのに、ビールを一気飲みなんてしたからじゃないの?」

「ごめんなさい」と、ちづるは心の中で囁く。

「まぁ反省しているようだし、今回は大目にみるけど、あまり強くない様だから、今後は気を付けなさい!」

「でも、なんであんなことをしたんだ?」と幸久。

「そ..それは...」と、ちづるは、心の中でつぶやきながら、言葉が詰まる。

瀬名(叔父のこと)は社内でもてるので...さっきは本当の親子みたいだった...

と言う藤田の言葉が、ちづるの頭の中で渦を巻く。

突然、ちづるは変な事を聞いて来たのです。

「叔父さんは結婚しないの?」

「どうした急に・・・」

「さっき、叔父さんはもてるって聞いて、そういう話は、ないのかなって?」

それを聞いた幸久は、

「こんなオジサンは、もてないよ。42だし...」

「そんなことないよ。叔父さんが鈍感なんだよ」

「ないない」

ちづるは内心ほっとするのでした。

そして、叔父を好きなちづるは、続けざまに驚きの言葉を発したのです。

↓↓続きを知りたい方は公式サイトへ↓↓保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

その驚きの言葉とは...!?

第2話:もう子供じゃないんだよ…|感想

藤田に言われた一言で、傷ついてしまい、一気飲みをしてしまったちづる。

倒れてしまったのですね。

そして、気を失っている間に、叔父の幸久にパジャマに着替えさせられていたのです。

二十歳の女の子を着替えさせるのは、それなりの覚悟が必要だと思いますが、皆さんどう思いますか?

ここで、叔父も、ちづるをとても意識しているのと同時に、ちづるの心を既に分かっていたのだと感じました。

久幸は、親としてでは無くて、1人の男性として、ちづるを感じているのだと分かります。

だって、普通父親は、二十歳になった自分の娘の着替えはしませんから...

そして、バランスを崩して、倒れ込むところを、自然な形で抱きとめるシーンは良いですね。

お互いの心の中のドキドキ感が、とても良く伝わって来ます。

大人になった、ちづるのオッパイに、触れた叔父の感覚は、どんなだったでしょうか?

マンガの中では直接的に表現されていませんが、伝わって来るものがあります。

お互いに、心の中では、早くもっときつく抱き合いたいと思いながら、表面的には距離を保っている姿がとても切なくて、読んでいる方が焦って来る感じになります。

保護者失格。一線を越えた夜
第2話:もう子供じゃないんだよ…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜