保護者失格。一線を越えた夜
第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…
保護者失格。一線を越えた夜無料立ち読みはこちら↓↓↓
保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」は、電話代からも支払いが出来るので、とっても楽。
かしこく、楽しみませんか?

保護者失格。一線を越えた夜の1話から3話は、続けて読みましょうね。

第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…|あらすじ

保護者失格。一線を越えた夜
第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜

<ネタバレ注意!!>

ある日、ちづるは夕立に遭い、びしょ濡れで帰って来たのでした。

玄関を入ってすぐ、浴室のドアを開けて、濡れた服を脱ぐのでした。

考え事をしていたちづるは、早く体を温めないといけないと、そればかりが先に立っていたのです。

そして、全裸になったちづるは、お風呂のドアを開けます。

すると目の前には、叔父の幸久が既に入浴していたのでした。

二人は、目を合わせたまま、カラダが固まってしまい、そのまま数秒間、動くことが出来なくなったのです。

我に返ったちづるは、やっと自分が全裸になっている事に気づいて、バスタオルで胸を隠して、謝ったのでした。

「ちづる、身体が冷えている様だし、ゆっくり浸かりなさい。」

「昔はよく一緒に入ったものだ。気にするな。」

やさしく大人の対応をしたつもりの幸久だったが、これが、ちづるの心に拍車をかける事になる。

「確かに、小さい時には、いつも一緒にお風呂に入っていたのだけれど、今はカラダも心も成長して、全て変わっているのに、そんなことを言わないで...」

「1人の女性としてみてもらいたい!!」

保護者失格。一線を越えた夜
第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜

幸久が、ちづるの頭を、やさしくたたいて、お風呂から出ていく時に、ちづるはついに、弾けてしまったのです。

幸久の背中を追いかけるように、背中から叔父に抱きついてしまったのです。

最初は受け入れていた幸久ですが、やはりいけない事だと思いなおし、離れようとします。

でも、ちづるの切ない表情を見て、幸久の方も弾けてしまうのです。

お風呂場に響くちづるの喘ぎ声。

興奮を抑えられない幸久は、キスした口を下の方に移していきます。

とてもきれいで形の良い胸に進んで、乳首を舌で舐めまわします。

幸久の愛撫を受けて、ちづるのアソコは、愛液が滴り落ちる程ビショビショになっていました。

幸久の指が、そこを目指してに進んでいきます。

グチュグチュと言う音をたてて、クリトリスを入念に責められて、ちづるは絶頂を迎えます。

そして、幸久の指はさらに中の方に進んでいく。

↓↓続きを知りたい方は公式サイトへ↓↓保護者失格。一線を越えた夜の公式サイトはこちら

指がアソコに入った瞬間に...!?

第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…|感想

土砂降りの雨の日は、何かが起きますね。

夕立で、ビチョビチョになったちづるは、お風呂に入ろうとして全裸になるのですが、お風呂の中で、叔父と鉢合わせになります。

お互いに、びっくりして、しばらく口もきけない状態...となるのは、状況を良く想像できますね。

でも、その後のちづるの行動は、かなりのびっくりものです。

全裸状態で、叔父に抱き付くのですから...

抱きつかれた方の叔父も、まだまだ保護者としての気持ちが残っていて、断ち切ろうとするのですが、なんとも言えない表情をしているちづるの表情を見て、叔父の方も壊れてしまうんです。

子供には刺激の強すぎる内容だと思いますが...。

そして、一旦乗り越えてしまった堰は、元に戻る事はありません。

いままで、我慢していた分、余計に激しく突き進む幸久。

形の良い、ちづるのおっぱいを揉み、乳首を吸って、さらに手を伸ばしていきます。

これから、二人は、どうなってしまうのでしょうか??

保護者失格。一線を越えた夜
第3話:どしゃぶり雨の日、お風呂で…
無料立ち読みはこちら↓↓↓保護者失格。一線を越えた夜